建物メンテナンスの必要性

外壁塗装・屋根塗装の必要性

塗装って、ただ塗るだけだと思っていませんか?

実は塗装は建物にとってもとても重要な役割をもっているのです。
たかが塗装、されど塗装。 大切な建物で長く快適に暮らすためには、塗装はとても重要なのです。

塗装をきちんとしないと、建物が壁から傷んで劣化してしまいます。

基本的なことですが、とても大切なことです。 塗装をすることと、女性がお化粧をすることは同じことです。 日焼け止めやファンデーションをしないで外出して紫外線を浴びるとお肌が荒れて結果的に劣化してしまいます。
それと同じで、建物は日々雨や、紫外線、排気ガスなどに汚され傷つけられています。塗装をきちんとして、定期的なメンテナンスを行なわないと、結果的に大事な建物に住めなくなってしまう恐れも大いにあります。


外壁塗装や屋根塗装はもちろんキレイに保つ(美観)目的がありますが、実は塗装工事の本来の目的は、
「建物の寿命の伸ばす&二次被害を防ぐ」、この2点です!

鹿児島の皆様、塗装の本来の目的は、建物を防水して、建物の寿命を延ばすことが目的なのをご存じですか?
塗装を軽視してしまうと、外壁のひび割れや塗膜の劣化により、外壁や屋根から雨水が入り、大事な柱が腐ったり、シロアリの巣になったりと、二次被害の恐れが高まります。
ここで簡単な建物のチェック方法をご案内致しますので塗装のタイミングの参考にしていただければ幸いです。

外壁&屋根の簡単なチェックはコチラ


外壁塗り替えのサイン

外壁塗り替えのサイン

モルタル外壁にヒビが目立つ、またカビがはえている際は外壁の塗り替えのタイミングです。また、サイディング外壁に手で触って白い粉がつく場合、それは表面塗膜(チョーキング)なので、塗替えのタイミングと考えます。


屋根の塗り替えのサイン

外壁塗り替えのサイン

セメント瓦屋根が白っぽくなっている、コロニアル屋根にサビがある。この場合は、屋根の塗り替えが急務です。

こんな塗装業者にはご注意を

見積書に明細のない業者、安い金額を提示する業者には要注意!

現在、鹿児島県内だけでもたくさんの業者さんがあります。
大手の業者さんから聞いたことのない業者さんもあるはずです。
選ぶ決め手は値段ですか?ネームバリューですか? それともまわりの評判?

大切な家を任せるのだから、 業者選びは自分の目でしっかりと選ぶことが正解です。
でも、塗装に詳しくない方には限界がありますので、 プロの目からできるアドバイスをしますと・・・ まず、見積りを何件かの業者さんに依頼します。 あがってきた見積りの中で注意しなくてはいけないのは、 まず、明細がきちんと書かれていない業者さんの場合です。


A, 見積書に明細のない業者さん

例えば、『塗装工事 1式 ○○○円』といった記載方法です。
金額の根拠を明記していないのは、信頼のおける会社とは言えません。


B, 見積り金額が他の業者さんと比べて安すぎる業者さん

実は、安くて長持ちしない塗料を使って塗っているのかもしれません。 そうなると3年もしないうちに塗装が剥げ落ち、また塗りましょうということになりかねないのです。見積りがあがってきたら、どんな塗料を使っているのか、数量はあっているのか、何回塗るのかなど、分からないことがないように質問攻めにしましょう。

他にチェックしておきたいポイントとしては、保証内容 ・アフターサービス ・現場で実際に施工する人のマナー なども大事です。きちんとした業者さんならば、丁寧に答えてくれるはずです。
安ければいい-そんなわけありません!大切なご自分のお家のことだからよく考えて! 外壁は家の顔で、いつも紫外線やゴミ、チリ、それから風雨にさらされている部分です。
長い目でみると経年劣化する家にとっては、きちんと手入れすることが何より重要なことなのです。
施工管理を自社で行なう地元の業者さんならば、何かあっても迅速な対応が見込まれるし、サービスの柔軟性も期待できます。
最低3社以上の無料相見積もりをオススメしています。

見積りするだけで別に当社に依頼しなくても結構です。
ただ、その相見積もりの1社に当社も加えていただければ幸いです。

手抜き塗装工事にひっかからないために

手抜き工事が起こる理由とは?

塗装業界では、年々価格競争が厳しくなっています。
価格競争が激しい上に、営業マン、仲介業者、下請け職人の人件費が発生しますので、その対価を支払わなければなりません。下請け職人というのは、現場ごとの契約ですので、そこが終わり次第、次の現場で稼ぐことができます。ですから、「手抜き工事をして早く終わらせてしまおう」という傾向にあるのです。
結果、いい加減な工事になり、塗装が何年もしないうちに剥がれ落ちたりすることがよくあります。
業者はそのような手抜きが起きることがわかっていても、下請け職人に払う賃金が安いため、依頼するしかないのです。もし業者が、自社の職人を使って塗装工事するのであれば、営業マンや仲介業者のコストを大幅に削減することができます。その分、塗料そのものも質の高いものを使用することができ、手抜きがなくなります。


悪徳業者の手抜き工事の手口とは?

下塗り又は中塗り工程を減らす

塗替え工事は、通常下塗り→中塗り→上塗りの最低3工程あります。塗膜が十分にないと塗料の機能や性能が十分に発揮されません。そのため、仕上げ材は中塗りと上塗りの2回同じ塗料を塗るのですが、2回塗るところが1回塗りで仕上げても見た目は分からないのです。

素地に適しない材料を使用する

塗替え塗装の際、外壁・屋根以外に軒天・樋・鉄部といった付帯塗装があります。それぞれの部位に合った材料を使用しなかったり面倒だからといって手間をかけないと膨れ・剥がれ密着不良を起こす原因となります。

塗料を必要以上に薄めて使う

塗料の機能を発揮するのに最適な希釈率が各塗料メーカーで設定されています。塗料を必要以上に薄く延ばして塗っても塗装後はプロが見ても分からないくらいに仕上がります。材料費を抑えることができるため結果的に“安かろう、悪かろう”工事になってしまいます。

下処理をしない

下処理は大切な工程のひとつで、外壁のヒビ割れを補修したり、表面の凸凹をなめらかにするものです。
この作業をスキップしてしまうと、塗料の性能が最大限発揮できません。


手抜き工事の手口にひっかからないために

このように、発注者が見えないところで、手抜きされると、10年近く持つはずの耐用年数が3年~4年になる可能性があります。悪徳業者の罠に、はまったと気づくのは工事が終わって半年ほど経ったころです。
 外壁塗装というのは高価ですし、その大がかりな工事準備のため、発注者にとっては多少精神的負担にはなるはずです。 もしも、早期に家屋が劣化してしまったり、塗装が剥がれるとまた一からやり直しになって経済的負担、精神的負担も大きくなります。 そんな悪徳塗装業者にひっかからないためにも、

「安価でもサービス内容が充実している」業者

そんな業者を慎重に選ぶことが大切です。

PAGE TOP

Copyright © 鹿児島塗装.com. All Rights Reserved.