節電塗装

今注目の節電塗装について

節電塗装特集
今塗り替えで節電する事が注目されています。

日本経済新聞 2011/6/28
電力を使わずに、いかに室内温度の上昇を防ぐか。今夏の電力供給不安を背景に多くの企業が節電策に知恵を絞るなか、太陽熱を遮る効果を持つ「遮熱塗料」が注目を集めている。 屋根や壁に塗れば、太陽光による熱が室内に伝わるのをおさえる効果があり、工場向けなどの需要を順調に伸ばしている。 遮熱効果について明確な基準がなかったことが本格普及のネックになっていたが、早ければ今夏にも日本工業規格(JIS)規格の制定が見込まれており、「節電特需」に弾みがつきそうだ。

日刊工業新聞 2012/5/20
夏を前に省エネルギーへ向けた取り組みが急がれている。即効性が期待できるのは冷房負荷の低減、すなわちエアコン利用の抑制であり、すでに温度設定のアップやクールビズの前倒しを実施している企業も多い。 ただ、夏期の気温が高ければこれらの努力にも限度がある。
暑さの中でも人に負担が少なく、できれば電力などの動力を直接使うことなく、即効性ある省エネ技術が望ましい。そこで改めて注目の集まるのが遮熱・断熱塗料だ。


多くの家庭は節電塗装を実施しています。

新築・塗り替えのマーケット縮小に伴い、塗料全体の出荷は年々落ち込んでいますが、多くの企業や家庭が遮熱塗料を選んでいるので、遮熱塗料の出荷数量は急激に伸びています(左図参考)。また、日経アーキテクチュア(2010 年9月27 日号)が一級建築士など1673 人を対象に「品質が採用のネックになっている環境製品」を聞いたアンケートでは、全体の24.6%が「遮熱塗料」を選択。 2番目に多かった「屋上緑化・壁面緑化」の14%を大きく上回ました。 (※日本経済新聞 参照)

多くの家庭は節電塗装を実施しています。

節電塗装が選ばれる3つの理由

高い遮熱性・断熱性を持っています。

屋根、外壁、窓ガラス等、建物すべて節電塗装する場合と屋根のみ、外壁のみ、窓ガラスのみと部分的に節電塗装する場合では当然節電効果は異なりますが、 確かな性能の節電塗料で塗装した場合は、最大25%( 冷蔵室と同等) の節電効果が得られた実例があります。
(一般社団法人日本塗装協会 参照)

施工費も”塗料代のみの差”です。

【一般塗料で施工した場合】
施工費:100万+塗料代239,100円=1,239,100円
【遮熱塗料で施工した場合】
施工費:100万+塗料代340,000円=1,340,000円
一般塗料のみと遮熱塗料のみを使用した施工費の合計は平均で1.1倍の差がありません! ※金額は目安となっております。

工事費が助成金として出る地域もあります。

詳しくは鹿児島塗装.comフリーダイヤル0120-492-414へお気軽にご相談下さい。
例)関東の例
「住宅用自然エネルギー及び省エネルギー機器等導入費助成」(平成22年度)「高反射率塗料」(一般助成)
●戸建の場合:設置費の20%(最大10万円)
●共同住宅の場合:設置費の20%(最大70万円)

鹿児島で長寿命化塗装&最大25%の節電塗装なら鹿児島塗装.com

建物の長寿命化+光熱費削減なら、鹿児島塗装.comにご相談下さい。

鹿児島塗装.comは「誰かに紹介したくなる仕事」を目指し、実践します。   
当社は、遮熱&断熱塗装、節電塗装での「光熱費削減」のプロです。

もちろんお見積り、建物劣化調査、ご相談は「無料」です。

鹿児島で長寿命化塗装&光熱費削減塗装、節電塗装なら鹿児島塗装.comへご相談下さい。

PAGE TOP

Copyright © 鹿児島塗装.com. All Rights Reserved.